『時がつむぐかたち』

(c)sesensitka2016-X980-024

『時をめぐるかたち』。『時間をめぐる、めぐる時間の展覧会』3F『時の採集箱』内。

今朝の東京はよく晴れて、とても気持ちがいいですね。『時間をめぐる、めぐる時間の展覧会』も、今日もふくめて、早のこり7日間となりました。

(c)sesensitka2016-IMGP8482

石ころはなぜまるいか。目の前のものが、どこからきてどこへゆくのかを、自分なりに考えてみる。

『時の採集箱』と題した3F会場は、とらえどころのない「時」というものに、かたちやことばを通じて手をのばしてみよう、というテーマで構成されています。
中央の白い展示台『時をつむぐかたち』は、石ころや貝殻など身近なものを集め、その造形に刻まれた時のありようについて、探り考えるコーナー。
壁面に写真とともに掲げられているのは、文学作品からお借りしたことばたち。しんと静まって読むと、忘れていた時のてざわりがきっと感じられるはずです。

4Fメイン会場とあわせて、こちらもぜひ、ごゆっくりご覧ください。(佐々木光)

Advertisements