洞爺湖有珠山ジオパークのVIグラフィック、リニューアル

洞爺湖有珠山ジオパークのアイデンティティ・グラフィックが、今夏リニューアルされました。

toyausu-sesensitka-3items2

(c) Toya Caldera and Usu Volcano UNESCO Global Geopark

ジオパークとは、指定された地域において、自然のいちばんの基盤となっている地形や地質に焦点を当て、その地質遺産を保全しながら、自然や環境についての教育や、ツーリズム(ジオ・ツーリズム)活動を積極的に行い、地域全体で自然について考え関わりあうプログラム。
セセンシトカがお手伝いしている洞爺湖有珠山ジオパークは、2009年から世界ジオパークGlobal Geoparks Network に登録されています。
Continue reading

[ artscape ] にレビュー『時間をめぐる、めぐる時間の展覧会』

『時間をめぐる、めぐる時間の展覧会』について、artscape [アートスケープ] にレビューを掲載していただきました。

時間をめぐる、めぐる時間の展覧会:artscapeレビュー
http://artscape.jp/report/review/10121356_1735.html

新川徳彦さんが、執筆をしてくださっています。会場にてたいへん丁寧に取材をいただきました。
みなさまぜひご覧ください。
(佐々木光)

ご来場ありがとうございました

(c)sesensitka2016-IMGP9917

『時間をめぐる、めぐる時間の展覧会』 時の大河

『時間をめぐる、めぐる時間の展覧会』、昨日最終日を迎え、無事に全日程を終了いたしました。
会場へとお越しくださった皆様、本当に本当にありがとうござました。こころからお礼申し上げます。

Continue reading

『時間をめぐる、めぐる時間の展覧会』 のこりあと二日間となりました

『時間をめぐる、めぐる時間の展覧会』、昨日もたくさんのみなさまにお越しくださいました。本当にありがとうございます。

(c)sesensitka2016-IMGP8970

『時と精霊』(右)と、現代の時を象徴する広告集(左)、奥は『暇の部屋』

Continue reading

『星の律動』

(c)sesensitka2016-IMGP8517

『星の律動/生きものの律動』

『時間をめぐる、めぐる時間の展覧会』に入って最初のコーナーは、『星の律動/生きものの律動』です。
わたしたちの生きている世界は、昼夜や季節の変化があるように、ずっと律動を続けています。その源は・・・地球の公転や自転などの、天体のありようですよね。
会場では、かんたんな天体模型を眺めながら太陽と地球の関係、そのあらましを確かめられます。
天体模型の周りでは、律動とともに生きる生きものたちの時間的生態を、一日、一年、一月にわけて、ご紹介。
地球上の生きものたちは、回り続ける天体の動きとともに暮らしています。私たちひとも生きもの。自然の律動とともに、ゆれうごく時間のなかで生きることの自然さを感じていただけたら嬉しいです。
(佐々木光)

 

『時がつむぐかたち』

(c)sesensitka2016-X980-024

『時をめぐるかたち』。『時間をめぐる、めぐる時間の展覧会』3F『時の採集箱』内。

今朝の東京はよく晴れて、とても気持ちがいいですね。『時間をめぐる、めぐる時間の展覧会』も、今日もふくめて、早のこり7日間となりました。 Continue reading